hiro-maki magazine

サンフランシスコやニューヨークや英語、Mavic Proに関する情報を配信しています。

【サンフランシスコ】5泊7日の詰め込みスケジュールで何が出来る!?実際に出来たことを紹介!

2017年7月にサンフランシスコを5泊7日で旅行しました。

オススメのお店やヨセミテ日帰りツアー、サウサリートへのサイクリングなどは個別の記事にしていますが、今回は5泊7日のスケジュールでどれくらいのことが出来たのかを書いてみます。

サンフランシスコ旅行のスケジュールを計画する際の参考になれば嬉しいです。

目次

事前準備

サンフランシスコ旅行が決まったら、まずは事前準備が必要。私の場合、次の様な内容を考えながら事前準備してみました。

スケジュールの作成

旅行のスケジュールを計画するのは楽しいですよね!?

今の時代ならインターネットで情報収集をして、それを基にスケジュールを作っていくことも可能です。ただし、インターネット上の情報は玉石混交なので、この方法では効率が少し悪いと思います。

折角、時間やお金を使ってサンフランシスコまで行くのだから、失敗や後悔はしたくはないです。

そんなわけで、サンフランシスコに関する情報が体系的に纏められている地球の歩き方を購入しました。

「旅行の準備にお金を使いたくない!」という方は、図書館で借りるという手もありますが、この地球の歩き方の巻末にある付録地図が本当に便利で、治安の悪いエリアがひと目で分かる様になっています。

そんな便利な地図を切り離して現地で活用したりも出来ますので、購入することをオススメします。

地球の歩き方が1冊あれば、必要な情報が全て網羅されていると言っても過言ではないです。

参考までですが、私が地球の歩き方以外に購入したガイドブックです。

HELLO SAN FRANCISCO (TWJ books)

HELLO SAN FRANCISCO (TWJ books)

ファッショナブルなスポットに特化したガイドブックだと感じました。流行に敏感な方ならば購入しても損は無いでしょうが、個人的には、地球の歩き方があれば十分だと感じました。

現地治安の確認

サンフランシスコには治安が良くないエリアもあるので現地の治安などは事前に十分確認すべきです。

サンフランシスコの治安の調べ方については、この記事をどうぞ。 hirom.hatenablog.com

上記の記事に記載した内容とリンク先を十分に確認してもらえば、現地で事件などに巻き込まれる確率を下げることが出来るはずです。

サンフランシスコと言えば日本人観光客がたくさんいて安心できそうなイメージがありますが、やはりそこはアメリカなので気を引き締めて行動する必要があります。

宿泊先の予約

サンフランシスコのホテル料金ですが、他のアメリカの都市と比較しても相場がかなり高いです。更に、旅行者数に対してホテルの客室数が足りていない様なので予約を取ること自体が難しかったりもします。

気に入ったホテルをリーズナブルに予約するためには、かなり早めに予約を取っておく必要があると思います。私の場合は旅行の約3ヶ月前に予約を取ったのですが、それでも第1希望のホテルの予約は出来ませんでした。

私が宿泊したのはホテル ユニオン・スクエア(Hotel Union Square)です。 hirom.hatenablog.com

こじんまりとしたホテルながらも、ファンシーで清潔感のある客室や、ロビーでのコーヒーやワインのサービスなどでとても快適に過ごすことが出来ました。

また、ユニオン・スクエアのすぐ近所という立地の良さも観光客には有り難く、オススメできるホテルです。

ただし、受付を含めて日本語の通じる方はいない様ですので、その点だけ注意が必要です。でも、従業員の方はみんな親切なので、拙い英語であってもコミュニケーションをとることは出来ると思います。

大きめのホテルがいい場合は、ホテル ニッコー サンフランシスコやヒルトン サンフランシスコ ユニオンスクエアなどがいいのではないでしょうか?

ホテル ニッコー サンフランシスコ www.expedia.co.jp

ヒルトン サンフランシスコ ユニオンスクエア www.expedia.co.jp

これらのホテルは人気がある様なので、私が予約を取ろうと思ったタイミングでは既に満室でした。

余談ですが、私が旅行代理店に話を聞きに行った際に勧められたホテルは治安の良くないテンダーロインエリアのマーケット・ストリート沿いにあるホテルでした。そこはリーズナブルだという理由で勧めてもらったのですが、ホテル周辺の治安に不安があるため宿泊するには至りませんでした。

サンフランシスコの治安の良くないエリアは本当に怖いので、リーズナブルという理由だけでホテルを決めるのはオススメできません。

※旅行代理店に見積もりをお願いしましたが、結局、個人手配旅行になりました。

現地での移動手段の確認

海外旅行ではうまくいかないことの連続ですので、現地では考えることを少しでも減らしたいところです。そんなわけで、現地での移動手段は予め把握しておきます。

例えば、こんな感じです。

こんな感じで予定している移動の手段を事前に確認しておけば現地に着いたら予定通りに行動するだけでいいので楽です。

現地での移動手段は、レンタカー、BART、路面電車、タクシー、Uberなどがあります。

私のオススメの移動手段はUberです。リーズナブルな価格で確実に早く目的地まで行くことが出来る、有り難いサービスです。

Uberに関する詳細はこちらの記事をどうぞ。 hirom.hatenablog.com

こんな感じで事前準備をした上で、旅行を迎えたら現地での行動をある程度スムーズにこなすことが出来ます。もちろん、上手くいかないこともたくさんありますけどね(笑)

ちなみにニューヨークを旅行した時の事前準備はこちらの記事にしています。 hirom.hatenablog.com この時は今よりももっと英語での会話が苦手でした。なので、英語の勉強の仕方なども書いていますので、良ければ併せて参考にしてください!

では、私の5泊7日のサンフランシスコ旅行を書いていきます。5泊7日って意外と色んなことが出来ますよ。

日本(関空)出発〜サンフランシスコ到着

関西国際空港16:50発、サンフランシスコ国際空港10:55着のNH7070に搭乗しました。

搭乗した飛行機です。機材の関係で30分くらいの出発遅延がありました。 f:id:hiro-maki:20171107210022j:plain

お約束の機内食です。あまり印象に残っていない機内食でした。 f:id:hiro-maki:20171107210037j:plain

到着直前に提供される機内食です。 f:id:hiro-maki:20171107205937j:plain

チーズサンドが美味しかったです。 f:id:hiro-maki:20171107205926j:plain

約10時間のフライトはやっぱり疲れます。出来たら往路は寝て過ごしたいところです。

でも、私の場合、往路は大体寝ることが出来ないんですよね。その結果、現地での時差ボケがヒドいです。

「アメリカ行きの機内では必ず寝る様にする」というのは私の今後の課題です(笑)

1日目 サンフランシスコ到着日

約10時間のフライトを経てサンフランシスコ国際空港に到着です。

「welcome to san francisco」の文字が気分を高めてくれます。 f:id:hiro-maki:20171107210934j:plain

BARTでSFOからPowellへ

BARTでユニオン・スクエアから近いPowell駅まで移動しました。空港から大体30分くらいの道のりです。 f:id:hiro-maki:20171107211004j:plain

スーツケースなどの荷物を置いて身軽になりたかったので、すぐにホテルに向かいました。ホテルでは運良くアーリーチェックインが出来ましたので、荷物を置いて少しだけ休憩。

昼ご飯はSuper Duper burgers

ちょうどお昼すぎでしたので、ランチに有名なハンバーガーショップのSuper Duper burgersに行きました。

Super Duper burgersの詳細はこちらの記事をどうぞ。 hirom.hatenablog.com

Super Duper burgersは私が今まで食べたハンバーガーの中でもトップの旨さと言っても過言ではありませんが、時差ボケやら寝不足の影響で意識が朦朧としながらハンバーガーを食べていた記憶があります(汗)

時差ボケは本当に辛いですよね。少しでも軽減する様に何らかの対策を練らねば・・

時差ボケを軽減するため、一旦休憩

時差ボケを軽減するためにランチの後、一旦ホテルに戻って酔い止めの薬を飲んで1時間くらい横になって休憩しました。

34歳の旅行記とは思えないくらい、休憩しています。ホント、自分は体弱いですわ。

ユニオン・スクエア周辺を散策

1時間くらい休憩すると、少しは時差ボケがましになったので、ユニオン・スクエア周辺を散歩したりショッピングしたりしました。

ユニオン・スクエアです。サンフランシスコに行ったのならば絶対に訪れるであろう場所です。特に何かがあるというわけでもないのですが、綺麗な広場です。 f:id:hiro-maki:20171107211731j:plain

本当ならば、こういう綺麗な広場でコーヒーでも飲みたいところですが、いかんせん貧乏性なので次の目的地に向かってしまいます。

サンフランシスコの有名な観光スポットが描かれたオブジェです。 f:id:hiro-maki:20171107211813j:plain

Apple Storeです。開放的で素敵な空間でした。 f:id:hiro-maki:20171107211715j:plain

Apple Store内には観葉植物が置かれていたりとリラックスできる空間が広がっていました。 f:id:hiro-maki:20171107211756j:plain

パウエル・ストリート沿いのWalgreensです。壁がオシャレですよね。 f:id:hiro-maki:20171107211746j:plain

ウェストフィールド・サンフランシスコ・センターにも行きました。 f:id:hiro-maki:20171107211641j:plain

このショッピングセンターは、色々なお店があって楽しいですね。

マーケット・ストリート沿いにあるコンバースショップ内です。 f:id:hiro-maki:20171107211558j:plain

コンバースのチャックテイラー(CT70)を購入するのならばこちらのコンバースショップでどうぞ。

TRADER JOE'Sにも行きました。ここのエコバッグはお土産にオススメです。 f:id:hiro-maki:20171107211626j:plain

夜ご飯はTRADER JOE'Sでのテイクアウト

記念すべきサンフランシスコ最初のディナーはかなり残念な内容ですが、ランチの残りのハンバーガーとTRADER JOE'Sのシーザーサラダです。 f:id:hiro-maki:20171107211542j:plain

アメリカでは、ひとつひとつの料理が大きすぎて食べ切れません。なので持ち帰りになってしまいます。

でも、こういう夜ご飯をホテルで食べるのも個人的には好きだったりします。

TRADER JOE'Sのシーザーサラダは普通に美味しかったです。 f:id:hiro-maki:20171107211459j:plain

旅行先では、野菜にありつけることが少ないので、そういう意味でもシーザーサラダはオススメです。

2日目 ヨセミテ日帰りツアー

サンフランシスコ到着日の翌日。丸1日楽しむことが出来る最初の1日です。

残念ながら時差ボケの影響でほとんど眠ることが出来ませんでした。疲れているのに眠れないってめちゃくちゃ辛いですよね・・

時差ボケの影響を軽減するいいアイデアをご存知の方は教えていただければ有り難いです。

この日はヨセミテへの日帰りツアーに参加したので、ほとんどそれだけで1日が終わりました。

個人的な意見ですが、ヨセミテ日帰りツアーはあまりオススメではないかなー?と感じました。

ほとんどが移動時間となり、現地での滞在時間が2時間程度とかなり短いので、旅行中の貴重な時間の使い方としては少し勿体ない気がします。

実際にガイドさんも、最低でも1泊はするべきとおっしゃってましたからねえ。

朝ご飯はPinecrest Dinerのアメリカンなプレート

朝食はPinecrest Dinerのアメリカンなプレートを頂きました。詳細はこちらの記事をどうぞ。 hirom.hatenablog.com

ヨセミテ日帰りツアーへの参加

朝食を食べ終わったら、いよいよヨセミテ日帰りツアーに出発です。

f:id:hiro-maki:20171108203531j:plain

ヨセミテ日帰りツアーに参加した様子はこちらの記事をどうぞ。 hirom.hatenablog.com

夜ご飯はTad's Steakhouseのアメリカンなステーキ

サンフランシスコからヨセミテへの往復にヘロヘロになりながらも、夕食はステーキを頂きました。

Tad's Steakhouseの詳細はこちらの記事をどうぞ。 hirom.hatenablog.com

3日目 サウサリートへのサイクリングと夜景ツアー

この日も残念ながら時差ボケの影響で熟睡できない感じでした。

でも、この日はレンタサイクルの予約をしていましたので朝早くから活動開始です。

朝ご飯はHoney Honey Cafe & Crepery

朝食は人気のHoney Honey Cafe & Creperyで頂きました。詳細はこちらの記事にあります。 hirom.hatenablog.com

サウサリートまでのサイクリング

朝食を食べたあと、レンタサイクル屋さんのあるフィッシャーマンズワーフ周辺までケーブルカーで移動しました。

f:id:hiro-maki:20171121220716j:plain

サンフランシスコからサウサリートまでを自転車でサイクリングした様子はこちらの記事にまとめています。 hirom.hatenablog.com

サウサリートの街を散策

サウサリートに到着後は、街の散策をしました。詳細はこちらの記事をどうぞ。 hirom.hatenablog.com

サウサリートはサンフランシスコから近いのにも関わらず、リゾート感の溢れる素敵な街でした。

サンフランシスコからサウサリートへのサイクリングはかなりオススメです。

夜ご飯はIn-N-Out Burgerのハンバーガ

In-N-Out Burgerの詳細はこちらの記事にまとめています。 hirom.hatenablog.com

夜景ツアーへの参加

夜ご飯を食べて、少し暗くなった頃、夜景ツアーに参加しました。 hirom.hatenablog.com

この夜景ツアーですが、夜景自体もとても綺麗でしたし、更にガイドさんの話も興味深くとても楽しむことができました。

こうやって振り返ってみると、この3日目はちょっと詰め込み過ぎですねー。

旅行中は予定を詰め込んでしまいがちですが、それによって体調を崩してしまうこともあるので、もう少し抑えておかないといけませんねー。

実際にこの次の日にしんどくなりましたし。(汗)

4日目 ミッション、ヘイズバレー、その他散策

この日は大きな予定がなかったので、朝からロンバートストリートでも見に行こうと出かけました。

途中、Mama's on Washington Square(ママズ オン ワシントンスクエア)で朝食をと思っていたのですが、想像以上の行列にあえなく退散でした。

4travel.jp

Mama's on Washington Squareはかなりの人気店の様ですので、もし行かれる場合は早めに行かれることをオススメします。

朝ご飯はBeacon Coffee & Pantryで軽食を

結局、朝食はたまたま見つけたこちらのお店で頂きました。

www.beacon-sf.com

www.tripadvisor.jp

Beacon Coffee & Pantryという小さいながらも、雰囲気があって素敵なカフェでした。

こんな風に感じのいいお店を見つけられるのって楽しいですよね。旅行の醍醐味だと思います。

お店の玄関からして雰囲気がいいです。 f:id:hiro-maki:20171108203704j:plain

いい感じのオブジェですね。 f:id:hiro-maki:20171108203650j:plain

店内には、セレクトされたアイテムやオリジナルグッズが販売されていました。 f:id:hiro-maki:20171108203635j:plain

ここでは、エコバッグを購入しました。

ここで頂いたのはこんな感じでオートミールです。 f:id:hiro-maki:20171108203622j:plain

恐らく旅行前半の疲れが溜まっていて、食欲が無かったんだと思います。

観光名所ロンバートストリートへ

サンフランシスコで外せない観光名所、ロンバートストリートに行ってみました。

あじさいの花が咲くグネグネ道。綺麗です。 f:id:hiro-maki:20171108204256j:plain

ブーゲンビリアの花が咲き乱れるお宅。 f:id:hiro-maki:20171108204203j:plain

こんな素敵な家に住めたら、最高ですよねー。

ロンバートストリートからの景色もまた絶景です。 f:id:hiro-maki:20171108204236j:plain

ここは朝早い時間帯(8時台)であっても観光客が多いですねー。

旅行前半の疲れからか、一旦休憩

この後、ロンバートストリートからどこかへ散歩しようと思ったのですが、私が体調を崩してしまい一旦ホテルに戻って体制を立て直すことにしました。

めっちゃ体弱いわ・・情けない。ホント、時差ボケ怖いです。

ミッションエリアで散策&ショッピング

ホテルで小一時間ほど休憩していると体調が回復してきたので、ミッションエリアに行きました。

ミッションのグラフィティアート一面の通り。 f:id:hiro-maki:20171108204418j:plain

日本でも人気のダンデライオンチョコレートです。こういうレンガ造りの建物いいですよね。 f:id:hiro-maki:20171108204446j:plain

ダンデライオンチョコレートの店内です。雰囲気がいいです。 f:id:hiro-maki:20171108204430j:plain

バレンシア通りの様子です。 f:id:hiro-maki:20171108204510j:plain

昼ご飯はミッションのMAUでフォー

この時の昼食はこちらの記事をどうぞ。あっさりフォーを楽しみました。 hirom.hatenablog.com

ミッション ドロレス パークからの景色を楽しむ

ミッション ドロレス パークからの景色です。少し高台になっているので遠くにダウンタウンのビル街を望むことができます。 f:id:hiro-maki:20171108204704j:plain

時間や交通手段などの都合で、ツイン・ピークスに行くことが難しい場合はここからの眺めを楽しむのでも十分かと思います。

ヘイズバレーで散策&ショッピング

ヘイズバレーの街並みです。 f:id:hiro-maki:20171108204717j:plain

大きな木が立ち並んでおり、少し優雅な空気が流れている気がします。 f:id:hiro-maki:20171108204743j:plain

ヘイズバレーの中心にある公園の様子です。 f:id:hiro-maki:20171108204758j:plain

写真にはないのですが、ヘイズバレーにはいい感じのセレクトショップが立ち並んでいるので、そこでショッピングを楽しみました。

アラモスクエアからの景色を楽しむ

ガイドブックなどで必ず目にするペインテッドレディと呼ばれる古い住宅です。 f:id:hiro-maki:20171108204809j:plain

アメリカのドラマ「フルハウス」のロケ地らしいです。

ペインテッドレディとダウンタウンを同時に眺めることができます。 f:id:hiro-maki:20171108204820j:plain

夜ご飯はフェリービルディングのHog Island Oyster Co.

夜ご飯を食べるために路面電車でフェリービルディングへと向かいました。 f:id:hiro-maki:20171108204845j:plain

f:id:hiro-maki:20171108204910j:plain

新鮮な牡蠣を食べられることで有名な「Hog Island Oyster Co.」で夜ご飯を頂きました。

Hog Island Oyster Co.での詳細はこちらの記事をどうぞ。 hirom.hatenablog.com

かなりの人気店ですので行列が絶えませんが、回転がそこそこ早いので待ち時間はそんなに長くない様です。

夜食にTRADER’S JOESのお寿司

夜食にTRADER’S JOESでお寿司を買ったのですが、これはオススメ出来る品ではありませんでした(汗) f:id:hiro-maki:20171108204832j:plain

なんというかご飯がカチカチでした・・

5日目 ファーマーズ・マーケット、ピア31、ツイン・ピークス

この日は実質最終日です。

朝ご飯はフェリービルディングのファーマーズ・マーケットで食べ歩き

フェリービルディングで開催されているファーマーズ・マーケットにいってみました。

ファーマーズ・マーケットはかなりオススメのスポットです。是非こちらの記事も併せて見てもらって行ってほしい場所です。 hirom.hatenablog.com

ピア31でのんびり観光

フィッシャーマンズワーフ周辺の様子です。のんびりとした港街の空気が流れています。 f:id:hiro-maki:20171108205339j:plain

サンフランシスコで必ず訪れるであろう看板です。 f:id:hiro-maki:20171108205347j:plain

すぐ近くにはアルカトラズ島が見えていました。 f:id:hiro-maki:20171108205402j:plain

この日は残念ながらアザラシがほとんど居ませんでした。 f:id:hiro-maki:20171108205446j:plain

昼ご飯にはチポトレでタコスを

チポトレもかなりオススメのファストフード店です。詳細はこちらをどうぞ。 hirom.hatenablog.com

チャイナタウンを散策

せっかくなので、チャイナタウンにも行ってみました。 f:id:hiro-maki:20171108205136j:plain f:id:hiro-maki:20171108205149j:plain

おやつにSushirritoのスシリトー

おやつにSushirritoのスシリトーを頂きました。 hirom.hatenablog.com

Twitter本社

Twitter本社の前まで行ってみました。 f:id:hiro-maki:20171108205159j:plain

ただし、この辺りは治安がかなり悪かったです。

繰り返しになりますが、以下の記事にサンフランシスコの治安について書いてみましたので参考にしてください。 hirom.hatenablog.com

再びヘイズバレーで散策&ショッピング

前日にもヘイズバレーには行ったのですが、妻が買い残したものがあるとのことだったので、もう一度訪問しました。

f:id:hiro-maki:20171108205514j:plain f:id:hiro-maki:20171108205525j:plain f:id:hiro-maki:20171108205539j:plain

人気のBOBA GUYSでタピオカ?ミルクティー

ヘイズバレーで買い物を済ませたあとはサンフランシスコで人気のBOBA GUYSで少し休憩をしました。 f:id:hiro-maki:20171108205614j:plain f:id:hiro-maki:20171108205628j:plain

甘いミルクティーが疲れた体に染み渡りました。

ツイン・ピークスからの景色を楽しむ

最後にどうしてもツイン・ピークスからの景色を見ておきたかったので、Uberツイン・ピークスまで行きました。

f:id:hiro-maki:20171108205657j:plain f:id:hiro-maki:20171108205711j:plain f:id:hiro-maki:20171108205726j:plain

サンフランシスコを一望できて、最高の景色でした。

夜ご飯はSANRAKU SUSHIでお寿司

本当ならばイタリアンを食べに行くつもりでしたが、満席で入ることが出来なかったので、お寿司にしました。

アメリカで食べるアメリカナイズされたお寿司もなかなかいいものです。 hirom.hatenablog.com

余談ですが、この日のユニオン・スクエアでは映画が上映されていました。 f:id:hiro-maki:20171108205302j:plain f:id:hiro-maki:20171108205318j:plain

6日目 帰国

帰国日です。

この日は、朝食を済ませて、サンフランシスコ国際空港に向かうのみです。

朝ご飯はHoney Honey Cafe & Crepery

3日目と同じ店ですが、朝食はHoney Honey Cafe & Creperyで頂きました。詳細はこちらの記事にて。 hirom.hatenablog.com

まとめ

サンフランシスコに5泊7日で旅行をした場合、こんな感じのスケジュールが組めますよという一例をあげさせてもらいました。

あまり詰め込みすぎるとしんどくなるといいながらも、ついつい予定を詰め込んでしまうのが旅行。

この記事や、ほかの個別の記事などを 参考にして頂き、楽しい旅行をしていただければ幸いです!

時差ボケ対策だけは怠らずにしておきましょう!!

サンフランシスコではUberが便利だった!アメリカ旅行では移動手段のひとつ!

サンフランシスコを旅行するまで、現地での移動はバスをメインにしようと考えていました。でも、旅行を終えて現地ではUberでの移動が最も効率的だと気付きましたので、今回の記事で共有します。

目次

Uberとは

Uberの公式サイト https://www.uber.com/ja-JP/

Wikipediaには次のように説明されています。

Uber(ウーバー)とは、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである

引用元:Wikipedia Uber - Wikipedia

簡単に説明すると、スマートフォンのアプリでUberに登録されたドライバーを呼んで、目的地まで連れて行ってもらうことが出来るサービスです。

スマートフォンで目的地などを入力して、また支払いもスマートフォンのアプリ経由でのカード決済となり、かなり便利なサービスです。

でも、トラブルとか起きていないのか心配ですよね?実際、旅行のバイブルである地球の歩き方にも次の様に書かれていました。

アメリカではタクシー以上に普及して便利ではあるが、ドライバーがタクシー乗務員の資格を得ていないので何か問題が発生しても補償制度がない。国によっては禁止となっている。アメリカでもたびたび問題が発生しているのでタクシー会社のタクシーをおすすめする。

引用元:「地球の歩き方 2016〜17 サンフランシスコとシリコンバレー

地球の歩き方ではおすすめされていないサービスの様で、若干利用するのがためらわれます。

確かにインターネットでもUberのトラブル情報などが書かれていますが、実際に私が利用した感想を書いてみます。

旅行される方全員にオススメできるというわけではありませんので、個人の意見として参考程度に留めてください。

特に、女性の方が一人でUberに乗車したりするのは、個人的には少し不安がある様にも感じます。

Uberの種類(リーズナブルなサービスのみ)

リーズナブルな価格帯で利用できるUberの乗車サービスでは、次の2つが代表的なものになります。

Uber X

いわゆる白タクというものでしょうか。乗客1組にドライバーが1人。一般的なタクシーと同じ様なスタイルです。

ただ、タクシーをスマートフォンのアプリから呼ぶという感覚で利用が出来ます。

私は、2回利用しました。

Uber Pool

Uber Xの乗り合いタクシー版です。同じ方向に向かう乗客との乗り合いとなりますので、乗車賃はUber Xよりリーズナブルになります。一方で、乗り合いなので目的地に着くまでの時間は長くなります。

1組当たりの乗車人数に応じて価格が変動します。ただ、2人で乗車するからと言って必ずしも2倍になるわけではないです。

また、必ずしも他の人と相乗りになるわけでは無いようです。私の場合、8回の利用の内、6回は相乗りでした。

目立ったトラブルなし

地球の歩き方でもおすすめされていないサービスだったので、若干ビビっていたのですが、トラブルも無く、Uberの利便性を享受できました。

これは個人的な意見なのですが、支払いについては全部アプリ経由なので金銭トラブルになることはなさそうに思います。(ただし、現金でのチップを要求してくる悪質なドライバーもいるとのこと)

更に、ほとんどが綺麗な車です。中には革張りシートの車もありました。また、水やキャンディをサービスしてくれるドライバーさんもいて、とても快適な移動が出来ました。

一度だけ乗車拒否にあった

旅行からの帰りに、宿泊先のホテルからサンフランシスコ空港までをUber Poolを頼んだのですが、乗車拒否されてしまいました。

車が到着したと思ったら、サーッと通り過ぎて行きました。

おそらくですが、大きめのスーツケースを夫婦で2つ持っていたから嫌がられたのだと思います。

まあ、自分が非常識だったかもと反省はしています。空港へ向かう際など、荷物が大きい場合はUber Xのほうがいいでしょう。

ちなみに、ホテルからサンフランシスコ空港までのUber Poolの明細はこれです。 f:id:hiro-maki:20171021155432p:plain

夫婦2人で22.8ドルですので、BARTで行くのとほとんど変わらない値段です。

こんな感じで全て履歴の明細がUberのサイト上で見ることが出来ます。その点もめっちゃ便利です。

https://www.ana.co.jp/travelandlife/feature/original/vol124/

まとめ

旅行中は限られた時間ですので、時間を大切に使う必要があります。その時間を安い値段で買うという感覚でUberを活用するのは十分に有りだと思います。

ANAのサイトでUberの使い方が書かれていますので、リンクしておきます。 www.ana.co.jp

それでは!

DBスペシャリスト合格の勉強方法!![勉強期間2ヶ月30時間]

2017年の春期情報処理技術者試験で、データベーススペシャリスト(以下DBスペシャリスト)に合格しましたので、私の勉強方法と受験した感想を書きます。

www.jitec.ipa.go.jp

目次

受験時点での私のスペック

新卒(22歳)から12年間、IT業界一本です。大規模DBを扱うプロジェクトも経験してきましたので、DBスペシャリストへのアドバンテージはありました。

他に取得していた資格は応用情報・基本情報、あと中小企業診断士でした。

勉強期間

結果として2ヶ月弱の勉強期間で合格しました。4/16の試験日にあわせて、テキストを購入したのが2/20だったので、勉強期間は平均よりかなり短かく収められたと思います。また、合計の勉強時間は30時間程度でしたので、時間という意味でも、かなり効率よく合格出来たと思っています。

勉強時間を短く出来た理由ですが、業務でDBを扱っていることに尽きると思います。私の場合はDB設計を頻繁にしていますし、SQLもほぼ毎日使うのであらためて勉強する必要がないような状況でした。その結果、短い時間の勉強でも運良く合格できたのだと思います。

業務でDBをあまり使わないという方は3ヶ月〜4ヶ月くらいの勉強期間は確保しておいたほうが確実だと思います。

勉強に使った教材

情報処理教科書 データベーススペシャリスト 2018年版

情報処理教科書 データベーススペシャリスト 2018年版

※私が利用したのは上記の2017年度版です。

効率よく勉強するために、上記の参考書を購入しました。DBスペシャリストを受験するにあたっての参考書はこれ一冊あれば十分だと思います。この一冊に試験に必要な内容全てが網羅されています。

しかも、ダウンロードサービスで過去問とその解説が15年分も提供されているため、勉強する内容に困ることはないと思います。(全て勉強するとなると時間が足りなくて困りますけど(汗))

色んな参考書を購入するより、この一冊で勉強する方が一番の近道だと思います。なお、私は持ち運びをし易い様にKindle版を購入しました。

ただ、何度もテキストを繰り返して読む必要があったりするので、紙の書籍の方が扱い易い様にも感じました。そもそも、そんなに持ち運びもしませんでした。

勉強方法

私の場合は、テキストの通読はせずにいきなり過去問に取り組みました。なぜなら、テキストの通読は時間が掛かるからです。

過去問に取り組んだ結果、分からない点だけテキストで知識を補充するという方法で勉強をしました。

午前1、午前2

午前1,2は「ひたすら過去問を解いて、分からない問題は解説を確認する。」を繰り返します。ほとんど暗記に近いので1ヶ月前くらい前から取り組めば十分だと思いました。(場合によっては1週間くらい前からでもOKかと思います。)

情報処理技術者試験は、同じ過去問が何度も出る傾向があるなので、問題と答えの組み合わせを覚えておけば内容を理解していなくても点を取ることが出来ると思います。

勉強になっているかどうかは微妙ですが、踏み込んだ勉強は資格を取ってからでもゆっくりとすればいいと思います。

午後1

午後1は試験時間がタイトなので、ぶっつけ本番で挑むと時間不足になる可能性があります。そんな事態を避けるため、最低1回は自宅などで時間を測って過去問を解いたほうが良さそうです。

私は2〜3回時間を測って問題を解きました。上記のテキストに取り組むべき過去問が優先順位付けされているのでその順に解いていきました。それ以外にも、細切れ時間を使って、どの様な問題がでるのか、どんな解答が必要なのかを重点的に確認しました。

過去問を確認する際は、解答とその根拠となる問題文の記述との関連を意識しながら確認を進めることが重要だと思います。何問かを確認していると、解答を作る際のコツみたいなものが分かってきます。

あと、SQLに関する問題が増加している様ですので、基本的なSQLコマンドを覚えて万全の準備を整えたいですね。

全体の勉強時間のうち、午後1に費やした時間が一番多いです。

午後2

午後2は一度も過去問を解くことなく本番に挑みました。

過去問を解くことはしませんでしたが、過去問を読み込んで、どの様な問題が出題されるのか、またどの程度のレベルの答えが必要なのかを確認はしました。

午後2は、時間には余裕はありますが、問題文の文章が長くうっかり読み飛ばしをしてしまう可能性があります。なので、文章の読解力を鍛えておく必要があります。

問題文の重要な部分を読み飛ばしてしまったり、うっかりミスが起こりそうなので、過去問を読み飛ばさずに隅々まで読む習慣を身に着けておけば安心です。

受験した感想

私は日常的にDBを使っているため、DBスペシャリスト試験を通じて、新しい知識を得ることはほとんどありませんでしたが、これまで得た知識を体系的に整理することが出来ました。

また、業務でDBを使っていても、理解があいまいな部分もありますので、そういうあいまいな部分を明確に知識として得られたのは、今後の業務でも役立つと感じました。

情報処理技術者試験は業務上での必要最低限の知識しか求められませんが、意外とそんな必要最低限の知識すら持っていないエンジニアも多くいます。

そういった意味でも、この試験を受けることには十分な価値があります。

合格しなかったとしても試験にチャレンジすることで知識を体系的に整理できますし、合格すれば対外的に自分の実力を示すことができ、また自信にもつながると思います。

情報処理技術者試験IPAが多くのお金と時間を費やして作っている試験なので、効率よく勉強が出来ると思います。皆さんも受験してみてはいかがでしょうか?

情報処理教科書 データベーススペシャリスト 2018年版

情報処理教科書 データベーススペシャリスト 2018年版

【サンフランシスコ】治安の悪いエリアに注意すべし!テンダーロインやミッションなどのエリアは怖いよ!

今回は、少しネガティブな記事ですが、サンフランシスコ旅行で感じた現地の治安についてです。

この記事が、今後サンフランシスコ旅行に行く人が現地の治安を調べる際に役立てば嬉しいです。

f:id:hiro-maki:20170801212535j:plain

目次

サンフランシスコの治安

地球の歩き方などのガイドブックやインターネット上に書かれていますが、サンフランシスコの治安は場所によっては半端なく悪いです。

しかも、それらの治安の悪い場所というのが観光地から近いという厄介さがあります。

■サンフランシスコの治安についての記事

ryugaku-kuchikomi.com

micaringoo.com

www.tour.ne.jp

kurokuromaki2.hatenablog.com

ちなみに、地球の歩き方の付録の地図には治安の良くないエリアが色分けされています。その地図を持って、治安の良くないエリアを避けて行動すれば、怖い思いをする確立はかなり下がるだろうと思います。

地球の歩き方の付録地図 f:id:hiro-maki:20171021124255j:plain 治安の良くないエリアはグレーに色分けされており、使い勝手がいいです。

旅行情報の収集だけではなく、現地で使う地図もバッチリな地球の歩き方。本当にオススメです。

ちなみに、サンフランシスコ全体の治安が悪いわけでは無いのでご安心を。ユニオン・スクエア周辺などの観光客の宿泊地であれば比較的治安が良いと感じました。

ただ、そんな観光地であってもホームレスや精神異常者がそれなりに徘徊しているので注意が必要だと思います。

私もユニオン・スクエア周辺で何度かホームレスに小銭をせびられました。でも、無視しておけば何もされませんでしたので、万が一その様な人に出くわしたら無視しておけばいいと思います。

観光地でもそんな有様ですので、スラム街なんかは本当に身の危険を感じるレベルの治安です。

「昼間だし、ちょっとの距離だから大丈夫かな?」みたいな感覚で行動していれば、いつか事件に巻き込まれるでしょう。

地球の歩き方などのガイドブックやインターネット上の記事等を事前に十分確認しておき、危ないところには近づかないことが一番大切だと思います。

また、サンフランシスコ在住の方の声を、YouTubeでチェックしておくのもいいかと思います。

ここからは、私が現地で「治安が悪いな、怖いな」と感じたエリアについて、書いてみたいと思います。

テンダーロインエリア

サンフランシスコの治安を調べていると、絶対に近づいてはいけないエリアとして色んな記事で言及されているこのエリア。

Uberで何度か通りましたので、その車窓から想像を絶する治安の悪さを感じました。

治安の悪さが日本のそれとは比べものにならないレベルです。私は大阪に住んでいますので、あいりん地区の様な治安の悪いところを知っているのですが、テンダーロインはそれとは比べ物にならないレベルです。

どの通りも歩道はホームレスが住むテントで埋め尽くされています。また、ゴミが散乱していて汚く、衛生面でも怖い印象を受けました。

Googleで「tenderloin sanfranciso」で画像検索した結果 f:id:hiro-maki:20171021130107p:plain

ほとんどの画像にホームレスが写っています。

このテンダーロインエリアはユニオン・スクエアエリアのすぐ隣というのが厄介です。

「街歩きをしていたらウッカリ足を踏み入れていた。」なんていう状況も無きにしもあらずです。まあ、街の雰囲気が明らかに違うのでそんなケースは稀だとは思いますが、注意は必要ですね。

あと、ユニオン・スクエアの辺りに宿泊していて、ヘイズバレーなどに行くことがある場合、このテンダーロインエリアがちょうど真ん中にあって邪魔になります。正直、ユニオン・スクエア辺りからヘイズバレーなどへは歩いて行ける距離なんですよね。だからといって、歩きで行ってしまうと怖い思いをします。というより、実際に怖い思いをしました。(経験談

「テンダーロインエリアでもマーケット・ストリート沿いは治安に問題が無いですよ」との情報をある旅行代理店で聞いていたので、マーケット・ストリート沿いを歩いてテンダーロインを横断してみたのですが、全然大丈夫じゃ無かったです。かなり怖かったです。

ツイッターなう。治安悪すぎ。

HIROKIさん(@hiromaki0720)がシェアした投稿 -

上のInstagramのPostはテンダーロイン地区にあるTwitter本社の前で投稿したものですが、かなり怖かった記憶があります。なお、Twitter本社の辺りまで行けばテンダーロイン地区でも、比較的治安に問題が無いように感じました。

マーケット・ストリートだから大丈夫と思ってと歩いたことを、めちゃくちゃ後悔しました。普通にUberに乗って移動すれば良かったです。

ユニオン・スクエア周辺から歩くに連れて、ホームレスや精神異常者が除々に増えていき、気がつけば周りは変な人しかいない状況になっていました。ほとんどのお店が鉄格子付きだと気付いたときには時すでに遅し。

歩道でゲロを吐いている人などもいてかなり怖かったです。

また、「We need money.」と話しかけてくる若い黒人女性もいました。かなり怖かったです。

引き返すのも怖いし、進むのも怖い。まさに進むも地獄、退くも地獄でした。

目の前にアメリカ人のカップルが歩いていたので、なんとか付いて行きましたが、本当に怖かったです。

運良く無事に生還できましたが、一歩間違っていれば・・・何かの事件に巻き込まれていたかも知れません。

ミッションエリア

日本でも人気のダンデライオンチョコレートがあるミッションエリア。

また、バレンシアストリート沿いにはオシャレなセレクトショップなどがたくさんありますので、買い物に行く人も多いエリアだと思います。

■ミッション地区のベトナム料理店に行ったときの記事 hirom.hatenablog.com

オシャレな雰囲気のいいエリアだったのですが、そんなエリアであっても治安が悪い場所がありました。

私はミッションまでBARTに乗っていったのですが、BARTの16th St.駅の周辺は治安が悪い様に感じました。BARTの駅から上がった辺りにはゴミなどが散らかっており、また、ホームレスも多く、殺伐とした印象でした。

バレンシアストリートの辺りまで行けば、治安が悪い印象はありませんでしたので、特にBARTの16th St.駅周辺などは警戒が必要だと感じました。

ミッションエリアへ行く場合、可能ならUberに乗っていったほうがいいと思います。

エスタン・アディションエリア(ジャパンセンターのすぐ南側)

観光に行くエリアではありませんが、日本人観光客ならジャパンセンターに行く可能性もありますよね。そんなジャパンセンターのすぐ南側にも治安の悪いエリアがあります。

私自身、ジャパンセンターに行く機会が無かったので、このエリアに踏み入れることはありませんでしたが、Uberでこのエリアを通過しました。車窓から街並みを見ていると、ぱっと見た感じは普通の住宅街の様に見えるのですが、よく見ていると至るところにガラの悪そうな人たちがたむろしていたりしました。 人通りが少ない感じでしたし、近づかないようにしたいですね。

ちなみにフルハウスのロケ地として有名なアラモ・スクエアからも割りと近いので注意が必要です。

www.tripadvisor.jp

サウス・オブ・マーケット(ソーマ)エリア

ユニオン・スクエアの近くの辺りには、ホテルやスーパーマーケットなどが点在しており、そんなに治安が悪い印象は受けませんでした。ただ、南側に行くにつれて浮浪者が多くなっていく感じでした。

特に、高速道路の辺りなんて、歩道がテントに埋め尽くされてました。 ユニオンスクエアに近い北側にあるシティターゲットに買い物に行くくらいなら全然大丈夫かと思いますが、カルトレインの駅に向かう場合なんかは特に注意が必要そうです。

まとめ

やはりガイドブックやインターネット上に治安が悪いと書かれている場所は立ち入らない様にしなければならないとあらためて感じました。

特に、テンダーロインエリアはユニオン・スクエアエリアのすぐ近くなので、うっかり足を踏み入れてしまわない様に、十分に注意したいですね。酔っ払ってテンダーロインエリアに入ってしまい、気がついたら事件に巻き込まれてなんてこともありえますから。

この様な治安の悪いエリアに入ってしまったら精神的にどっと疲れます。また、楽しい旅行が台無しになるかも知れませんので十分に注意してください。

上記のエリア以外も、やはりアメリカなので、日本の様な治安とは言えません。

ちょっとでも怖いと思ったら、引き返すとかUberに乗るなど自衛することが大切だと思います。

あまり心配ばかりしていても旅行を楽しめませんので、きっちりと現地の治安状況を把握した上で安全に楽しみたいですね!

それでは、以上です。

Hotel Union SquareのJunior Suiteに5泊!観光の利便性は最高です!【サンフランシスコ】

2017年の7月にサンフランシスコに旅行に行ってきました。

その際の宿泊先として選んだのは、Hotel Union Square(ホテルユニオンスクエア)です。

日本人が良く泊まると言われるホテルとしては、Hotel Nikko San FranciscoやHilton San Francisco Union Squareがありますが、今回は予約が一杯で申し込みすら出来ませんでした。

サンフランシスコはコンベンションなどが開催される時期はホテルが取りづらいことがあるみたいです。なるべく早く予約を取っておかないといけませんね。

今回は、治安のことなどを考えてユニオン・スクエアの近くに宿泊したいと思い必死になって探した結果、ここのホテルが見つかりました。

結果的にとても満足できるホテルでしたので、ご紹介します。

目次

Hotel Union Squareの場所

GoogleMap

上の地図の通り、ユニオン・スクエア周辺の一等地と言ってよい立地にあります。目の前にはケーブルカーが走っており、まさにサンフランシスコ観光の中心地ですね。

道の向かい側には、ユニクロやWalgreensというコンビニ以上になんでも揃っている薬局がありとても便利です。

ちなみにWalgreensにはカットフルーツやお惣菜なんかも売っていますので朝食を調達するのもアリですね。

他にもお土産ショップやアパレルショップなども沢山ありますので飽きることありません。

ユニオンスクエアまで2ブロックですし最高の立地です。

治安が良くないテンダーロイン地区までも距離がありますので、外を歩くのも安心です。

ホテルの外観はこんな感じ。白黒のモダンな建物です。 f:id:hiro-maki:20171015185845j:plain

なお、ホテルの1階には以前紹介したTAD'S STEAKSがあります。 f:id:hiro-maki:20171015185800j:plain

hirom.hatenablog.com

ロビー

照明が印象的なロビースペースです。 f:id:hiro-maki:20171015185745j:plain

少し狭めですが、清潔感がありリラックス出来る空間です。

なお、毎朝のコーヒー、毎夕のワインが無料で提供されるサービスがありますので、滞在中は是非利用したいですね。

と言っても私はあっちへウロウロ、こっちへウロウロと外に出っぱなしだったので、それぞれ一度ずつしか利用できませんでした。

客室フロアの共用部分や廊下

客室フロアの共用部分には、休憩するスペースがありました。 f:id:hiro-maki:20171015185731j:plain

アメリカ人の子供達がここでゲームをしたりしていました。

廊下です。歴史を感じさせるレンガ造りの壁がかっこいいです。 f:id:hiro-maki:20171015185717j:plain

Junior Suiteの部屋

ちなみに今回はJunior Suiteに宿泊しました。 f:id:hiro-maki:20171015185647j:plain

Suiteと言っても結構リーズナブルな値段で宿泊できました。通常の部屋とほとんど費用が変わらなかったので、それならと思い奮発してみました。

Junior Suiteです。めっちゃ広い。 f:id:hiro-maki:20171015185625j:plain

窓がたくさんあって明るい部屋です。 f:id:hiro-maki:20171015185555j:plain

ベッドもキングサイズでくつろぐことが出来ます。 f:id:hiro-maki:20171015185610j:plain

色んなところに写真などが飾られていました。 f:id:hiro-maki:20171015185509j:plain

昔の雑誌や書籍なんかも飾られていました。 f:id:hiro-maki:20171015185526j:plain

雰囲気のあるインテリアです。 f:id:hiro-maki:20171015185541j:plain

窓の外にはケーブルカーが見えています。贅沢ですね。 f:id:hiro-maki:20171015185641j:plain

ちなみにバスタブはありませんでした。そこはマイナスポイントですかね。でもアメリカなので仕方がないですかね。

メリット

まず、立地が良すぎます。周辺には色んなお店がありますし、地下鉄やケーブルカーもすぐにアクセスできます。

また、無料のコーヒーやワインのサービスも嬉しいポイントですよね。

なお、コーヒーは室内でドリップすることも出来ます。 f:id:hiro-maki:20171015185830j:plain

デメリット

便利な立地がゆえに、夜中もうるさい場合があります。結構、叫び声なんかが聞こえてくるんですよね・・

それさえ気にならなければ大丈夫かな。

ちなみに私は神経質な面がありますので、耳栓をして寝ました。それくらいうるさいと言えばうるさいです。

f:id:hiro-maki:20171015185816j:plain

まとめ

立地が良すぎるがゆえに、夜中の騒音などに悩まされるという面はあります。

それ以外はとても快適に過ごすことが出来るホテルでしたので、サンフランシスコ旅行での滞在先の候補に是非検討してみてください!

Honey Honey Cafe and Creperyはチップ不要!美味しい朝食!!【サンフランシスコ】

前回、ユニオン・スクエア周辺で早朝から朝食を食べられるPINECREST DINERをご紹介しました!

hirom.hatenablog.com

今回も引き続き、ユニオン・スクエア周辺で朝食を食べられるお店をご紹介いたします。

今回ご紹介するのは、チップ不要という有り難いお店「Honey Honey Cafe and Crepery」です!

ちなみに今回の旅行で2回もお世話になりました。

なお、ここは営業時間が7:30からとなっており、早朝に朝食を摂りたい場合は候補から外れると思いますので、注意が必要です。

目次

Honey Honey Cafe and Creperyの場所

Google Map

PINECREST DINERと同様、日本人が良く泊まると言われるHotel Nikko San FranciscoやHilton San Francisco Union Squareからも近く、また治安の心配も無い立地ですので早朝からでも気軽に行くことが出来ます。

お店のサイトです。 Honey Honey Cafe & Crepery - San Francisco, CA

トリップアドバイザーのページをリンクしておきます。 www.tripadvisor.jp

アメリカ版の食べログの様な位置づけのサイトYelpのページもリンクしておきます。 Honey Honey Cafe and Crepery - 1231枚の写真 & 1821件のレビュー - 朝食&ブランチ - 599 Post St, Lower Nob Hill, サンフランシスコ, CA, アメリカ合衆国 - レストランのレビュー - 電話番号 - メニュー - Yelp

店の外観

メキシカンな色合いのお店です。 f:id:hiro-maki:20171015182046j:plain

人気があるお店の様で、開店時間が近づくにつれて人がたくさん並んでいました。

店内の様子

お金を払って席に座り、札をもらって料理を待つという形になります。フードコートみたいな感じですね。 f:id:hiro-maki:20171015181341j:plain

大きなメニューボードがありますので、並びながら食べたい料理を選びましょう。 f:id:hiro-maki:20171015181259j:plain

メニューボードのアップです。 f:id:hiro-maki:20171015181304j:plain

店内の様子。 f:id:hiro-maki:20171015181245j:plain

f:id:hiro-maki:20171015181250j:plain

テーブルも外観と同様、メキシカンな感じです。 f:id:hiro-maki:20171015181255j:plain

調味料もホットソースの様なものが多かったので、メキシカンな料理でも有名なお店っぽいです。 f:id:hiro-maki:20171015181240j:plain

食べた料理

シーザーサラダセット(SOUPS & SALAD CAESAR)

私が注文したシーザーサラダのセットです。 f:id:hiro-maki:20171015181326j:plain

クレープが美味しいお店だとは分かってはいましたが、あっさりしたものが食べたかったので、サラダにしました。

ドレッシングが美味しいシーザーサラダでした。

また、付け合わせのトマトスープが美味しかったです。シンプルで体に染み渡る美味しさでした。

チョコレートとストロベリーのクレープ(STRAWBERRY NUTELLA)

f:id:hiro-maki:20171015181236j:plain

チョコレートとストロベリーのクレープ。下のSBKよりこっちの方が日本人向けの味だったらしいです。

ストロベリーなどのクレープ(SBK

f:id:hiro-maki:20171015182318j:plain

ストロベリーがフレッシュで美味しかったとのことです。シナモンが結構効いた味らしいです。

オレンジジュース

ひとつ上の写真にチラッと写っているのが生しぼりのオレンジジュース。生しぼりなのでフレッシュなのは当たり前なのですが、めっちゃ美味しかった。

まとめ

旅行中は食費がかさむのですが、物価の高いサンフランシスコではその金額が半端じゃないです。チップが不要でこの味を頂けるのは有り難い限りです。

人気のお店なので混雑します。並びたくない人は開店と同時にお店に着く様にしたいですね。

それでは!!

ユニオン・スクエア周辺で朝食!PINECREST DINER 24時間営業のダイナー!【サンフランシスコ】

サンフランシスコ旅行での滞在先はユニオン・スクエア周辺のホテルという方が多いかと思います。

また、旅行中はヨセミテツアーに参加する等で、朝早くから行動することが多いので、早朝から朝ごはんを食べられる場所を確保しておきたいところです。

ヨセミテ日帰りツアーへの参加についての記事はこちら hirom.hatenablog.com

今回は、ユニオン・スクエアの近くにある24時間営業のダイナー(レストラン)、PINECREST DINERをご紹介します!

目次

お店の場所

Google Map

日本人が良く泊まると言われるHotel Nikko San FranciscoやHilton San Francisco Union Squareからも近く、また治安の心配も無い立地ですので早朝からでも気軽に行くことが出来ます。

お店のサイトです。 Pinecrest Diner - Open 24 Hours

トリップアドバイザーのページをリンクしておきます。 www.tripadvisor.jp

アメリカ版の食べログの様な位置づけのサイトYelpのページもリンクしておきます。 https://www.yelp.co.jp/biz/pinecrest-diner-san-francisco-2www.yelp.co.jp

お店の外観

アメリカの映画に出てきそうなお店!!めっちゃテンション上がりますよねー。

f:id:hiro-maki:20171015170714j:plain

何かの映画とかに出ているのかなと思って、色々と調べていると、Wikipediaで昔の事件の事を知ってしまいました・・・こわっ

Pinecrest Diner - Wikipedia

1969年創業のダイナーの様ですが、今風のスタイリッシュな外観です。改装とかしたんですかね? f:id:hiro-maki:20171015170700j:plain

でも、この看板はなんとなく歴史を感じさせるものがあります。 f:id:hiro-maki:20171015170641j:plain

お店の店内

清潔感があって、お洒落な感じの店内でした。 f:id:hiro-maki:20171015181000j:plain

テーブルの木目がいい感じですよね〜。 f:id:hiro-maki:20171015181005j:plain

ジャムなんかもいい感じですよね。 f:id:hiro-maki:20171015180952j:plain

店内から通りを眺めることが出来ます。サンフランシスコの人達を人間ウォッチングしながら食べると最高でしょうね。 f:id:hiro-maki:20171015172232j:plain

ただ、一部ガラスが割れている席があるのが若干気になりました。

私:「これって銃弾とか後とかじゃないよな・・」 妻:「いや、これは銃の後やで・・・」

とか言いながら料理を待っていました。

食べた料理

チーズオムレツ(Cheese Omelette)

これは妻が注文したものです。

食パン2枚分くらいのトーストと、ハッシュドポテトと、メインのオムレツです。 f:id:hiro-maki:20171015170749j:plain

美味しそうな見た目。まさにアメリカの正しい食事って感じですが、めっちゃ量が多いです・・

味は見た目通り、美味しかったのですが、半分以上を持ち帰りました。

コンビーフハッシュ(Corned Beef Hash & Two Eggs)

コンビーフハッシュって、あまり日本では食べられないのですが、好きなんですよね〜(^^)

f:id:hiro-maki:20171015170554j:plain

これもめちゃくちゃ量が多いです。 食パン2枚分くらいのトーストと、ハッシュドポテト、目玉焼き2個とコンビーフハッシュですからね(笑)

でも、塩が効いたコンビーフとじゃがいもがマッチしていて美味しかったです。

(おまけ)コーヒー

飲み放題のコーヒーですが、香りが強くて美味しかったです。店員さんが頻繁に注ぎに来てくれます。

f:id:hiro-maki:20171015170609j:plain

このテーブルの木目の感じとコーヒーカップの色合いがいいですよね。コーヒーカップの形も可愛らしくて気に入りました。

まとめ

ユニオン・スクエア周辺で早朝や夜遅くにお腹が空いたら、この店に行ってみてはいかがでしょうか?

アメリカの映画に出てきそうなダイナーで、これまたアメリカの映画に出てきそうな料理を楽しむことが出来ますので、旅行のいい思い出になると思います。