hiro-maki magazine

今のところ、ニューヨーク旅行や英語に関する情報を配信しています。

サンフランシスコからリゾートの街サウサリートまでサイクリングしてきました

サンフランシスコの観光名所として真っ先に名前が挙がるのはゴールデン・ゲート・ブリッジではないでしょうか?

ゴールデンゲートブリッジの写真を撮りに行く人はたくさんいますが、渡ったという人は意外に少数の様です。

f:id:hiro-maki:20170730210041j:plain

そんなゴールデン・ゲート・ブリッジを渡ると、その先にはサウサリートという海沿いのリゾート地でかつ住宅街があります。

そのサウサリートを目的地にして、レンタル自転車でサイクリングを楽しんできました。

コースはアップダウンが少なめですが、たまに急坂があります。やはり、そこは坂の街サンフランシスコなので仕方がない。でも、急坂は自転車を押せば楽勝で登れるので体力にあまり自信の無い方でもゆっくりと絶景を楽しみながらサイクリングができると思います。

自転車のレンタル方法

ユニオンスクエアやフィッシャーマンズワーフなどの観光客が集まるエリアには、たくさんの貸し自転車屋がありますので、何の予約も必要ありません。

また、大抵の貸し自転車屋はインターネットでの予約を受け付けていますので、そちらから予約をしておけば当日がスムーズです。

英語に不安がある場合はVELTRA(ベルトラ)などの日本語予約サイトからでも予約可能です。なお、少しだけ割高です。1人当たり$3程度割高だったと記憶しています。

僕は、保険のことが若干不安だったのでVELTRAから予約をしました。

www.veltra.com

今回は「フェリーチケット付き自転車レンタル(24H)プラン」を利用しました。

サイクリングコース

自転車屋さんで、おすすめのコースを教えてもらうことは可能ですが、コースを考えるのも楽しいですし、ある程度のコースは考えてから行った方がいいと思います。

「フィッシャーマンズワーフ周辺~クリッシーフィールドなどの海沿い~ゴールデン・ゲート・ブリッジ~サウサリート」が定番コースみたいです。

僕達のサイクリングコース

行っておきたい観光ポイント

上記のコースで個人的に行っておきたい観光ポイントとしては次の通りでした。

  • パレス オブ ファイン アーツ
  • クリッシー・フィールド(ゴールデン・ゲート・ブリッジを眺められる公園)
  • ゴールデン・ゲート・ブリッジ

サイクリングスタート

自転車レンタル

まずは自転車を借ります。日本から予約をしていましたのでスムーズに進みました。

baycitybike.com

店員さんがみんな親切です。Bay City Bikeさん、オススメです。

Bay City Bikeさんの外観。綺麗で大きな店舗です。 f:id:hiro-maki:20170801212745j:plain

まずはフィッシャーマンズワーフ方面へ

海岸線に出るためにフィッシャーマンズワーフを目指して進みます。と言ってもあっと言う間に到着します。

露店が並んだ観光地を進みます。 f:id:hiro-maki:20170730215045j:plain

あっと言う間にフィッシャーマンズワーフの看板が見えてきます。 f:id:hiro-maki:20170730215052j:plain

有名なカニの看板。思っていたよりも小さかったですが、やはりここでは記念撮影。

ケーブルカーの横を進みます。車が少ないので自転車でも走りやすかったです。 f:id:hiro-maki:20170730223549p:plain

海沿いの観光地ですねー。気持ちがいいです。 f:id:hiro-maki:20170730223606p:plain

あっという間に海沿いの道に出てきました。人がいっぱいです。 f:id:hiro-maki:20170730223618p:plain

散歩やジョギングをしている人も多く、いい感じにサイクリングができます。 f:id:hiro-maki:20170730223632p:plain

Aquatic Park Pierという景色のよい埠頭

ヨットハーバーの横を通りながら、海沿いのサイクリングを楽しみます。

f:id:hiro-maki:20170730223847p:plain

この辺りでは、たくさんの観光客がサイクリングを楽しんでいます。その中には、サイクリングツアー一行もたくさんいました。

サイクリングツアーが景色の良さげな埠頭に向かっていましたので、せっかくなのでついて行きました。

Aquatic Park Pierという名前みたいです。 f:id:hiro-maki:20170730223648p:plain

ダウンタウンの摩天楼が見えています。 f:id:hiro-maki:20170730223702p:plain

アルカトラズ島がはっきりと見えています。思っていた以上にサンフランシスコから近い島でした。 f:id:hiro-maki:20170730203649j:plain

ここがAquatic Park Pierの先端です。 f:id:hiro-maki:20170730223714p:plain

景色を堪能し、Aquatic Park Pierを後にします。

この後、少しの距離ですが急な登り坂がありました。 f:id:hiro-maki:20170730223743p:plain

結構きついですが、レンタルした自転車にはギアの切り替えがついていましたので、それを駆使して登りきることが出来ました。

急坂を登りきった丘の上からの景色です。結構な高さだな。。遠くにはゴールデン・ゲート・ブリッジが見えています。 f:id:hiro-maki:20170730203133j:plain

パレス オブ ファイン アーツ

どの様な建物なのかはリンク先の説明を見るとよくわかります。 www.expedia.co.jp

1915年のサンフランシスコ万国博覧会のために建てられた建造物とのことです。

美しい姿です。写真では伝わりづらいですが、かなり大きな建物です。 f:id:hiro-maki:20170730205125j:plain

天井もこだわった造りです。 f:id:hiro-maki:20170730205137j:plain

人との対比で大きさが分かるでしょうか・・? f:id:hiro-maki:20170730205204j:plain

なお、ここにはトイレがあります。この先の行程もまだ長いので、用を済ましておきましょう。

クリッシー・フィールド

運動を楽しむ人達。こういう青空ジムみたいな施設いいですよねー。家の近所にこんな施設が出来たら嬉しいんですけどね。 f:id:hiro-maki:20170730223813p:plain

芝生と青空が綺麗です。 f:id:hiro-maki:20170730223831p:plain

ここは、気持ちがよく、サイクリングやジョギングを楽しむ人たちでたくさんでした。

舗装路ではなく土の道になりました。ビーチはすぐそこです。 f:id:hiro-maki:20170730223240p:plain

霧に覆われたゴールデン・ゲート・ブリッジ f:id:hiro-maki:20170730210041j:plain

ちなみにここ、映画「幸せのちから」でウィル・スミスがロケをした場所です。

個人的に、この映画が好きで何度も見ていますので、実際にこの景色を目で見て感動しました。

ウィル・スミスがロケをした場所に立つ僕の姿です(笑) f:id:hiro-maki:20170730210058j:plain

まあ、映画のロケ地を抜きにしても綺麗な景色ですよね。

ゴールデン・ゲート・ブリッジへ

はるか頭上にある橋を渡るためには、坂を登らなければなりません。この登り坂は少し距離があるので無理をせず自転車を押して登ることにしました。

この看板の場所で左の坂道を登ります。 f:id:hiro-maki:20170730223255p:plain

結構急な勾配の坂道。最初は頑張って自転車に乗っていましたがすぐに降りて押すことにしました。 f:id:hiro-maki:20170730223316p:plain

その方が楽ですからね。

登り坂を超えるとゴールデン・ゲート・ブリッジが見えてきます。 f:id:hiro-maki:20170730223330p:plain

ここまで来ると観光客が多くなってきます。

綺麗な景色ですが、霧で橋がほとんど見えません・・・ f:id:hiro-maki:20170730223345p:plain

晴れていたら、かなりの絶景でしょうね。でもこの霧に覆われた姿はいかにもサンフランシスコって感じでいいかな。 f:id:hiro-maki:20170730210256j:plain

ゴールデン・ゲート・ブリッジを渡る

すぐ横を猛スピードで行き交う車に若干ビビりつつも橋を渡ります。

f:id:hiro-maki:20170730223359p:plain

歩道スペースには多くの歩行者がおり、また自転車に乗っている人もたくさんいます。景色に見とれている暇もありませんでした。

f:id:hiro-maki:20170730223413p:plain

なお、今回は残念ながら橋が濃い霧に覆われていたため、景色を楽しむことは出来ませんでした。

めちゃくちゃ大きい橋ですね。 f:id:hiro-maki:20170730223523p:plain

かなりの高さがありますので怖いです。足がすくみます。 f:id:hiro-maki:20170730223426p:plain

橋の真ん中あたりまで来ると人もまばらになってきました。 f:id:hiro-maki:20170730223436p:plain

橋の支柱には記念碑みたいなものがありました。 f:id:hiro-maki:20170730223451p:plain

よそ見して事故したら、橋の外に放り出されて海の藻屑になりそうです。 f:id:hiro-maki:20170730223504p:plain

橋を渡りきりました。サウサリートのあるマリンカウンティに突入です! f:id:hiro-maki:20170730223536p:plain

無事に橋を渡りきったのでいよいよラストスパート!!

サウサリートに向けてのラストスパート

行き方は2通りあるみたいです。

1つ目のルートは少し遠回りだけれど、比較的平坦な道の様です。

もう1つのルートは僕が通ったルートですが、どちらかいうと歩行者用の道だったようで、自転車の人は少なかったです。

ちなみに、道路標識で後者のルートがやたらと推されていたのでそっちに行ったわけですが、この選択は失敗だった気がしています。でもどうなんだろ。。よくわからん。

この辺りの道を紹介できればと思い動画を撮ったつもりだったのですが、撮影ボタンを押せていませんでした。スミマセン。。

少し分かりにくいですが、次の写真の右側にある階段を自転車毎降りる経路で進みました。 f:id:hiro-maki:20170730223826p:plain

この階段は自転車も通れる様にしてくれているのですが、角度がすごく急で、大変でした。

サンフランシスコの対岸の港みたいになっているところです。 f:id:hiro-maki:20170730223839p:plain

またしても登り坂・・・ f:id:hiro-maki:20170730223902p:plain

走っていると、少しずつ青空が顔を出し始めました。 f:id:hiro-maki:20170730223920p:plain

サウサリートの街が少しずつ見えてきました。 f:id:hiro-maki:20170730223935p:plain

f:id:hiro-maki:20170730223957p:plain

海が見えてきました!めっちゃ綺麗!! f:id:hiro-maki:20170730224012p:plain

雑誌などで見る景色です。 f:id:hiro-maki:20170730224026p:plain

建っている家も綺麗な家ばかりで優雅です。 f:id:hiro-maki:20170730224042p:plain

海沿いの道がめっちゃ気持ちいい!ここまで来たかいがありました。 f:id:hiro-maki:20170730224101p:plain

サウサリートの中心地に到着です。 f:id:hiro-maki:20170730223749p:plain

f:id:hiro-maki:20170730223809p:plain

サウサリートは路面店がたくさん。自転車があると店に入る度に鍵を閉めなければならないので少し面倒です。先に自転車は駐輪場へ停めてしまった方がいいかと思い、パブリックパーキングに駐めました。

パブリックパーキングでは、受付の人に「自転車を駐めたい」というと自転車を預かってくれます。その後、街ぶらしたあとに1台当たり3ドルでチケットを買い、自転車を出庫するというシステムです。

※ヒースセラミックスの工房に行きたい人は歩きで行ける距離ではないので、先に自転車で行くほうがいいと思います。僕は距離のことまで調べていなかったため、工房には行けなかったです(涙)

サウサリート観光

サウサリート観光は別の記事にしました。リンクを張っておきます。

hirom.hatenablog.com

帰りはフェリーに自転車を載せてサンフランシスコへ

帰りのフェリーはかなり混雑すると事前調査で知っていましたが、想像を超える混雑でした。

フェリーを待つ列。この50mくらい前までずっと続いています。 f:id:hiro-maki:20170801212952j:plain

フェリーが近づいてきました。 f:id:hiro-maki:20170801213046j:plain

ここでハプニング!なんと、乗りたい便への乗車が締め切られてしまい、1時間後の便を待つことになってしまいました。

結果的に、目の前に綺麗な海が広がるベンチでのんびりと1時間過ごすことができたのは、予定満載の旅行中の息抜きになって良かったと思います。

待ち時間に1時間眺めていた綺麗な景色 f:id:hiro-maki:20170801214526j:plain

フェリーの中です。多くの自転車が載せられています。 f:id:hiro-maki:20170801212632j:plain

あっという間にサンフランシスコの街並みが見えてきました。 f:id:hiro-maki:20170801212441j:plain

サンフランシスコのダウンタウンです。 f:id:hiro-maki:20170801212535j:plain

f:id:hiro-maki:20170801212503j:plain

本当はPEAR39行きのフェリーに乗りたかったのですが、乗車したのはフェリービルディング着でした。でも、フィッシャーマンズワーフ周辺までは海岸沿いの道を進むだけなので全然しんどくなかったです。むしろ、観光地をサイクリングしている感が強く、楽しかったです。

フェリービルディングに無事到着。 f:id:hiro-maki:20170801212707j:plain

フェリービルディングからは10分程度で自転車屋まで帰ってきました。 f:id:hiro-maki:20170801212846j:plain

f:id:hiro-maki:20170801212745j:plain

まとめ

結局、一日がかりのサイクリングとなってしまいましたが、サンフランシスコとは雰囲気が違うサウサリートのリゾート感を楽しむことができ、大満足の結果となりました。

滞在日程に余裕があれば、ぜひチャレンジしてほしいです。

ちなみにサイクリング中はほとんどGoProで撮影しました。やっぱり自転車乗るときはGoProいい感じ。

それでは、また次回~。

beats Xを買ったらジョギングが快適になった!ケーブルがないのはやっぱりいいなー!

f:id:hiro-maki:20170730083309j:plain

ジョギングをする時は音楽やPodcast、または英語学習用のスクリプトを聴きながら走っています。

これまではBOSEQuietComfort® 20iというノイズキャンセリング機能付きのイヤホンを愛用していました。

ノイズキャンセリング機能が着いているので、飛行機や新幹線、地下鉄などに乗りながら音楽等を聴く時はめちゃくちゃ快適です。その点は、本当にオススメです。

では、なぜbeats Xをわざわざ買う必要があったのは?となるのですが、

ジョギング中にノイズキャンセリング機能をONにすると周囲の音が聞こえないのが怖いから

につきます。

道路を走っているときはもちろん、たとえ公園内であっても近くに自転車が近づいてきても気付けなく怖いです。

ノイズキャンセリングが使えないなら「Apple純正のEarPodsでいいかー」と考えたものの、僕の耳の形が変なのか、ポロポロ取れてしまって走りながらストレスになってしまってました。

更に、AirPods全盛の時代、「やっぱりケーブル邪魔だなー」と思い出して、beats X購入に至りました。

何故AirPodsではなくbeats Xなのか

AirPodsもかなり魅力的な製品なのですが、先述の通り僕はEarPodsでも頻繁に耳から取れます。なのでAirPodsを使ったら、耳から取れたのを気づかずに紛失してしまう気がしました。

更に、僕はものの扱いが雑な性格なので、AirPodsをポケットに入れたまま洗濯したりしてしまいそうな気がしたので今回は購入に至りませんでした。

beats Xのレビュー

www.beatsbydre.com

今のところ、あまり不満に思う点はないです。

カナル型のイヤホンなので、ジョギングの着地音が「ドンドン」と気にはなりますが、耳とイヤホンの間に少し空間を作ることで対応しています。もちろん、音質は悪くなりますけどね。その点はそこまで重視していませんので問題なしです。

気に入っている点を以下に箇条書きしておきます。

  • iPhoneやAppleWatchとのペアリングが簡単
  • ケーブルがない
  • バッテリーの持ち時間も8時間以上とそこそこ長い
  • Lightningケーブルで充電ができる
  • 音質もそこそこいい(個人的な意見です)
  • beats Xでの電話の通話も結構クリアな音声
  • 使わないときは首から掛けることができる
  • 見た目がかっこいい(個人的な意見です)

まとめ

利用シーンに併せてBOSEQuietComfort® 20iとbeats Xを使い分けようと考えています。

ケーブルがないのは思っていた以上に快適です!

サンフランシスコ発!ヨセミテ国立公園への日帰りツアーで大スケールの絶景を楽しんできた。

サンフランシスコは街中で観光できる場所がたくさんあって何日居ても飽きることはありません。

でも、はるばる日本からアメリカまで来たからには、日本とは桁違いの大自然を楽しんでみたいところ。

サンフランシスコ周辺には大自然が楽しめそうな国立公園がいくつかありますが、その中でも特に人気なのがヨセミテ国立公園では無いでしょうか?

ただ、ヨセミテは「サンフランシスコ周辺」と言っても距離にしておよそ270km、かなり遠いです。日本人の感覚では遠すぎます。車で片道4時間以上ですからね・・・

そんなヨセミテにサンフランシスコから行く手段としては、ざっと次の方法が考えられます。

  • レンタカー
  • 日帰りツアー
  • 宿泊付きツアー
  • バス
  • 電車(Amtrak)とバス

今回、まずレンタカーを借りようと考えました。でも、サンフランシスコ市内の駐車料金が高額なことと、時差ボケの最中で往復9~10時間の運転をする自信がないことからあえなく断念。

続いて、宿泊付きツアーへの参加を考えましたが、ツアーへのスーツケース持ち込み不可だったり、色々と調整ごとが面倒そうだったのでこちらも断念。

(後になって気付いたのですが、スーツケースは2~3日ならサンフランシスコ市内のホテルに預かってもらえたはずなので、そんなに面倒では無かったかも知れません。)

結局、日帰りツアーに参加することにしました。

ヨセミテ国立公園とは

アメリカの国立公園で、世界遺産に登録されています。

MacのOS名にもなっており、Macの壁紙にも使われていた場所です。Macユーザーの方ならもちろんご存知だと思います。

詳しくはウィキペディアWikipedia)を参照して下さい。

ヨセミテ国立公園 - Wikipedia

ツアー参加の様子

なお、参加したのは、以下のツアーです。

https://www.veltra.com/jp/north_america/san_francisco/a/7127

アーバスが宿泊先周辺のホテルまで迎えに来てくれます。 僕が参加した日は参加者が合計7名だったのでバスではなく大型バンでした。

乗せてもらった大型バン f:id:hiro-maki:20170726223607j:plain

なお、ガイドさんはドライバーと兼任の方でした。

ヨセミテ国立公園への往路

片道4時間以上の大移動なので、途中2回の休憩を挟みながらヨセミテに向かいます。

1つ目の休憩ポイント

ロードサイドの休憩所です。 f:id:hiro-maki:20170726222201j:plain

ミニスーパーの様なお店がありました。 f:id:hiro-maki:20170726222457j:plain

日本のコンビニの様な品揃えでした。 f:id:hiro-maki:20170726222221j:plain

ここでセルフサービスのアイスコーヒーを買ってみましたが、何故か激甘のコーヒー牛乳っぽい感じの飲み物でした。めっちゃデカいし・・・

f:id:hiro-maki:20170726222527j:plain

アメリカでアイスコーヒーを注文すると必ず砂糖が入っていますよね!?あれってそういうものなのでしょうか、、謎です。

ガソリンスタンド併設の休憩所なので、トラック運転手やドライブ中の家族連れで賑わっています。

f:id:hiro-maki:20170726223221j:plain

2つ目の休憩ポイント

1つ目の休憩ポイントと同様、ロードサイドの休憩所です。やはり小さなお店がありました。フライドチキンが有名なお店だったのか、店内は美味しそうないい匂いが漂っていました。

f:id:hiro-maki:20170726223653j:plain

ここで、ガイドさんから昼食のお弁当を貰います。ヨセミテ現地で時間を有意義に使うために車中でお弁当を食べたほうがいいとのアドバイスがありました。なので移動中の車中でお弁当を頂きました。

お昼ごはんのお弁当

まさに「弁当」です。日本のお弁当。アメリカで日本のお弁当が食べられるなんてちょっと感動。

f:id:hiro-maki:20170726223737j:plain

普通に美味しいです。日本で食べるコンビニ弁当より美味しいかも・・・いや、美味しかったです。

「アメリカで日本式の弁当なんて食べたくない!」っていう意見もあるかも知れませんが、僕は全然問題無しです。むしろ嬉しかったくらい(笑)

道中の景色

サンフランシスコ市内からベイ・ブリッジを渡ると対岸のバークレーになります。

ベイ・ブリッジから見るサンフランシスコの街並みです。 f:id:hiro-maki:20170726224424j:plain

フェリービルディングとコイトタワーとアルカトラズ島を見ることができます。やはり綺麗な街です。

バークレー方面からサンフランシスコへの通勤でしょうか?反対車線はものすごく長い渋滞でした。

f:id:hiro-maki:20170726224523j:plain

そうこうしているうちに、のどかな景色となり、遠くには放牧された牛や風車を見ることが出来ました。

放牧されている牛の群れ f:id:hiro-maki:20170726224126j:plain

たくさんの風車 f:id:hiro-maki:20170726224137j:plain

草原の中の一本道。まさにアメリカです。 f:id:hiro-maki:20170726224745j:plain

途中で小さな町を何度か通過しました。

マリポサの町 f:id:hiro-maki:20170726224930j:plain

そんなこんなで気付けば山深い景色が広がっていました。ヨセミテまではもうすぐです。

f:id:hiro-maki:20170726225204j:plain

なお、この辺りはグネグネ道が続きますので乗り物に弱い方は酔い止めの服用をお勧めします。

やはり、ヨセミテは本当に遠かったです。僕は酔い止めを飲んでいたこともあり少しの間、寝てしまいました。ドライバーさんには本当に感謝ですね。

ちなみに道中ではドライバーさんがサンフランシスコやヨセミテにまつわる話から、ご自身の話まで幅広い話をしてくれるので飽きることなく移動を楽しむことが出来ます。

ヨセミテ国立公園

ゲートでお金を支払いヨセミテ国立公園内に入ると、そこは大自然が広がっていました。

f:id:hiro-maki:20170726225349j:plain

ちなみに夏休みの週末などは、このゲートの辺りで渋滞が起きるそうです。もし、レンタカーで行く場合は時間に余裕を持って行動した方が良さそうです。

大きな花崗岩がすぐそこに。エルキャピタンの近くですね! f:id:hiro-maki:20170726225335j:plain

トンネル・ビュー

ヨセミテ観光で一番楽しみにしていた場所です。

トンネル・ビューの全貌です。ガイドブックやインターネット等で見た景色と同じですが、やはり自分の目で見るとそのスケール感に感動します。 f:id:hiro-maki:20170726225650j:plain

トンネル・ビューから望むエル・キャピタン f:id:hiro-maki:20170726225603j:plain

トンネル・ビューから望むハーフドーム f:id:hiro-maki:20170726225618j:plain

ブライダルベール滝 f:id:hiro-maki:20170726225634j:plain

トンネルビュー - Wikipedia

美しい景色に感動して、しばし呆然としてしまいました。その後、写真や動画を撮影。

ツアーなので10分程度しか滞在出来ませんでしたが、本当に美しい景色で一生忘れないと思います。

時間が許すのならば、1時間くらい見ておきたかったです。

エル・キャピタン

高さ1kmを超える一枚岩です。めちゃくちゃ大きいのです。

f:id:hiro-maki:20170727205525j:plain

ただ、大きなものばかりを見過ぎたせいで、スケール感が分からなくなってきます。

いや、ホントですよ。木の大きさとかもハンパじゃないですからね。。

ブライダルベール滝

7月だったので水量が少なめだったみたいですが、明らかに日本の滝とはスケール感が違いました。

f:id:hiro-maki:20170727205652j:plain

ハーフドーム

小さな橋の上から眺めたのですが、下を通る綺麗な川と相まってすごく美しい景色でした。

f:id:hiro-maki:20170727205743j:plain

ハーフドームを拡大。神秘的な形です。 f:id:hiro-maki:20170727205727j:plain

カフェテリア

フードコート形式でコーヒーやピザなどを楽しむことができます。多くの観光客で賑わっていました。

外観です。 f:id:hiro-maki:20170727210153j:plain

店内の様子、ピーツコーヒー以外にもお店はあります。 f:id:hiro-maki:20170727205911j:plain

ここでは、ピーツコーヒーでアイスブリューを注文。美味しかったです。

f:id:hiro-maki:20170727205917j:plain

カフェテリアの外には可愛いリスがいました。

f:id:hiro-maki:20170727210635j:plain

ギフトショップ

ヨセミテのTシャツからマグネットまで、典型的なお土産屋ですが何故か散財してしまうんですよね。

ギフトショップの写真、撮っていませんでした。すみません。

以下の様なページで情報収集してください!

4travel.jp

ヨセミテフォール

ここは滝壺の近くまで行くことが出来ます。カフェテリアから徒歩で15分程度の道のりで舗装路のみですので気軽に行けます。

f:id:hiro-maki:20170727211229j:plain

滝壺付近では水量に圧巻されました。すごい水しぶきでした。

f:id:hiro-maki:20170727211238j:plain

という感じであっと言う間にヨセミテ滞在が終わってしまいました。

やっぱり最低1泊はしたいなあと思いつますが、ここまで日帰りで来れるのも有り難く思います。

ヨセミテ国立公園からの復路

帰りも4時間以上の道のりです。

帰りは休憩が1回のみで、あとナッツ畑での停車が1回でした。

車から降りたのは計2回です。

休憩ポイント

Raley'sというスーパーマーケットです。

大きなスーパーマーケットです。30分以上の休憩時間だったので色々と買回ることが出来ました。ここではナッツをお土産に購入しました。

f:id:hiro-maki:20170727212359j:plain

このナッツは本当にオススメです。美味しかったです。

たぶん、オークデールという町にある店舗だったと思うのですが、記憶があいまいです。。

ナッツ畑

ツアー会社と提携のナッツ畑を少し見学し、更に試食のナッツをもらいました。

ナッツ畑です。 f:id:hiro-maki:20170727212235j:plain

木になったナッツの実です。 f:id:hiro-maki:20170727212226j:plain

ナッツ畑を見ながら食べる試食のナッツは美味しかったです。

ずっと渋滞無しでスムーズでしたが、サンフランシスコの手前辺りから渋滞に巻き込まれました。やっぱり都会はどこも渋滞しますね。

でも、当初の予定時刻にサンフランシスコに戻ることが出来ました。

まとめ

日本で味わうことができない大スケールの自然を、たった1日で体験できるのはすごくありがたかったです。

一方で、日帰りでは時間が圧倒的に足りませんでした。

ガイドさん曰く、夏休みの週末などは渋滞などのせいで、ヨセミテにたどり着くだけで一苦労、ツアーで行く予定の場所にほとんど行けないという時もあるとのことでした。

行く時期によっては、日帰りか宿泊するかは慎重に決めたほうが良さそうですね。

しかし、本当に感動の景色でした!

サンフランシスコのグルメハンバーガーチェーン「Super Duper Burgers - スーパー・デューパー・バーガーズ」でジューシーな巨大ハンバーガーを食べてきた!

旅行の楽しみで高いウェイトを占めるのが「食事」です。

先日(2017年7月)、サンフランシスコ旅行に行ったので、現地で大人気の「Super Duper Burgers」で美味しいハンバーガーやガーリックががっつり効いたポテトを食べてきました。

Super Duper Burgersとは

サンフランシスコ・ベイエリアで展開するハンバーガーチェーンです。店舗数はサンフランシスコだけでも6店舗あり、旅行者が訪れるユニオン・スクエア周辺にもDowntown店があります。(2017年7月現在)

Super Duper | Fast food burgers. Slow food values.

僕が行ったのはこのDowntown店で、ユニオン・スクエアから徒歩で約5分の立地です。なお、便利な立地ゆえに店内は混雑していました。

お店の外観

大きく店名が書かれた看板が置かれているのですぐにお店を発見できます。また、テラス席もあるので天気が良いときはこちらもいいですね。

f:id:hiro-maki:20170725210058j:plain

看板がかっこいいです。外観からすでにお洒落な雰囲気が漂ってますねー。

f:id:hiro-maki:20170725210038j:plain

店内の様子

人気店ゆえに混みあっています!

f:id:hiro-maki:20170725214425j:plain

まずオーダーして呼び出しベルを貰います。その後、呼び出しベルが鳴ったら出来あがったものを取りに行くというシステムです。

f:id:hiro-maki:20170725214452j:plain

ちなみに呼び出しベルは商品が出来上がるごとに鳴ります。まず飲み物が出来あがったら呼び出され、次にハンバーガーが出来あがったら呼び出され、と2度呼び出しがありました。

「1回でまとめて提供してくれたらいいのになー」と思っていましたが、出来あがってすぐのものを食べたほうが美味しいですからねー。仕方がない。

1階と2階に席がありますがほぼ満席の状態。でも、回転が早いのでしばらく待てば2階席に座れました。

2階席の様子です。レンガの壁がかっこいいですねー。 f:id:hiro-maki:20170725214505j:plain

2階席もやっぱり満席。 f:id:hiro-maki:20170725214508j:plain

オーダーしたもの

Super Burger

看板メニューです。これは外せませんよね。

f:id:hiro-maki:20170725210212j:plain

どうでしょう、このボリューム感!チーズとベーコンをトッピングしたので更にボリュームアップしています!!ハンバーガーのパティは2枚重ねです。

f:id:hiro-maki:20170725220346j:plain

見た目の通り、ジューシーで本当に美味しい!「めちゃくちゃ肉食べてるわー」って感じで食べ応え十分です。十分過ぎます。トッピングのベーコンもスモーキーな香りでいい仕事をしていました。ちなみにカリカリのベーコンです。

ニューヨーク発のグルメバーガー「Shake Shack - シェイク・シャック」と似ている様に思いますねー。 Shake Shack、そろそろ大阪に出来てほしいですねー。もちろんSuper Duper Burgersでも大歓迎です。

Mini Burger

こちらは妻がオーダーしたもの。Super Burgerをひと回り小さくしたハンバーガー。ハンバーガーのパティがSuper Burgerとは違って1枚のみです。

f:id:hiro-maki:20170725210135j:plain

右側のハンバーガーです。サイズ感が分かりにくい写真で申し訳ないです。

日本人ならこのサイズで丁度いいと思います。実際、僕自身がSuper Burgerを食べきれず、持ち帰ってホテルで食べましたから(笑)でも、パティ2枚重ねの肉々しさは是非、味わうべきですし・・・チョイスが難しいですね。

Garlic Fries

これは事前に情報収集している時に見つけたメニューで、絶対にオーダーしようと考えていました。

f:id:hiro-maki:20170725210153j:plain

フライドポテトにガーリックとチェダーチーズが振りかけられたもの。これ絶対美味しいですよね!?見ただけで美味いとわかるルックス。

結果、予想通り美味しかったです(笑)

見た目のままでガーリック味のポテトなわけですが、これは病み付きの味です。これも大量なので食べきられず持ち帰ってホテルで完食しました。

Super Shake - Fresh Strawberries

ガイドブックで名物っぽく取り上げられていたので、頼みました。 一口目は「マクドナルドのシェイクと一緒やん!?」ってなったのですが、マクドナルドのシェイクと比べるといちごの味が若干強い。個人的には注文必須では無い気がします。量多いですし。

f:id:hiro-maki:20170725213337j:plain

Fountain

ソーダです。普通の。カップを貰ってセルフサービスで入れるシステムです。このシステムいいですよねー。日本もこれにならないかなー。

Housemade Pickles

カウンターに無料ピクルスが備え付けられています。自家製らしいです。(写真の真ん中です。)

f:id:hiro-maki:20170725210135j:plain

このピクルス、最高に美味しいです。無料でこんなに美味しいピクルスが食べられるなんて・・・アメリカはいいなー。

日本だと自分の好みに合うピクルスがなかなか見つけられないんですよね。

ほど良い酸味で僕の好みの味でした。お土産に買いたいくらいでしたよ。

今、この記事を書きながらお店のサイトを見ていて気づいたのですが、他にも色々と無料のトッピングがあったみたいです。現地では疲れていたこともあって全然気づかなかったです。

店舗の地図

まとめ

今回食べたのはほんの一部だけですが、どれもクオリティが高かったです。

何度も行きたかったくらいです。他のメニューも美味しいだろうなー。次、またサンフランシスコに行ったら、絶対に行きます。

Super Duper Burgers、オススメです。アメリカの本気のハンバーガーが味わえます。是非行ってみて下さい!!

参考になったガイドブック

HELLO SAN FRANCISCO (TWJ books)

HELLO SAN FRANCISCO (TWJ books)

半額以下!60%offのGoPro HERO +LCDを購入した

タイトル通り、散財記録です。

先日、何気なくAmazonを見ているとGoProが60%offになっているのを見つけました。一瞬、見間違えたかと思ったのですが、見間違えではなかったです。

今回購入したのは2015年7月に発売したGoPro HERO +LCDという型落ちのモデルです。

YouTubeでこのカメラで撮影した動画をチェックすると、、すごくかっこいい作品が見つかりまして。一気に欲しくなってしまいました。

他にも色々と情報収集してみたところ、発売当時は他の上位モデルと比較した際、コスト面での優位性が低かったことからあまり人気が無かった?モデルだということが分かりました。 一方で背面モニターが搭載されていたり、ウェアラブルカメラ初心者にとっては嬉しい点もたくさんあった様です。

もちろん現行モデルと比較すると、機能面で色々と見劣りしますが、ウェアラブルカメラをはじめて買う僕にとっては十分なスペックと考え購入に至りました。

2015年くらいからずっと「GoPro欲しいなー」と思いつつも、金額を考えて購入に踏み込めなかったのでちょうどいい機会でした!

7月中旬にサンフランシスコに5泊7日で旅行に行く予定ですので、それまでに少し撮影の練習をして、色々と動画・写真を撮ってきます!

他にも、自転車に乗るときに使いたいなーと考えています!

購入したモデル

併せて購入したアクセサリー類

Amazonで一番人気だったGo Pro用の自撮り棒です。現物を少しさわりましたがカチッとした作りで信頼できそうです。

MicroSDカード。動画も撮るだろうしと思い、64GBモデルにしてみました。

淀川サイクリングロードをBROMPTONで走ってきた

2017/06/18、天気が良かったので淀川サイクリングロードに夫婦で行ってきました。

BROMPTONで守口〜枚方を往復しました。 Apple Watchで計測していた結果を見ると大体25kmの行程でした。

なんとなく「ムービーを撮影したいなー」という気分だったので、iPhone SEで少しだけムービーを撮ってみました。

淀川サイクリングロードは大阪の中心部からもアクセスしやすいので、サイクリングコースとしてオススメです。

これからもちょくちょく自転車動画を撮ってみたいと考えています^^

【2016年夏】30代の初ニューヨーク ベストプランでの4泊6日[JFK空港から日本へ]

ニューヨーク最終日:ニューヨークから日本へ

前半は時差ボケに悩みに悩まされたニューヨーク旅行ではありましたが、最終日はぐっすりと眠り、すっきりと目覚められました。

もう少し早いタイミングで時差ボケから解放されたかったですが、こればかりは仕方がないですね。

次回ニューヨークに行く時には、時差ボケ対策はしっかりとしたいと考えています。時差ボケの有り無しで滞在中の行動の質もかなり違ってくるはずです。

「時差ボケ対策は大切」

本当に大切なことなので、声を大にして言わせてもらいます。

目次

最終日の朝はほとんど時間がない

話をニューヨーク最終日に戻します。

この日は帰国日なので、10時くらいにマンハッタンを出発しJFK国際空港に向かう必要がありました。 優雅に朝食を楽しむ時間が十分ではなかったので、ACE ホテル下にあるSTUMPTOWNでコーヒーを買い、前日に購入しておいたDOUGHのドーナツと合わせて部屋で食べることにしました。

STUMPTOWNで購入したコーヒーと、瓶入りのCold brewとチョコレートドリンク的な飲み物です。 f:id:hiro-maki:20161214235737j:plain

コーヒーは普通に美味しかったです。Cold brewは持ち帰りました。これはお土産なんかにいいかも知れません。

チョコレートドリンク的な飲み物は妻が頼んだものです。「なんか店員さんが作ってくれるのかなー」とワクワクしながら待っていると、ただのパックのコーヒー牛乳みたいなのが出てきてビビりましたw

STUMPTOWN店内の様子です。四六時中、混雑していました。 f:id:hiro-maki:20161214235716j:plain

DOUGHで購入したチョコレートのドーナツとレモン風味のドーナツです。 f:id:hiro-maki:20161214235739j:plain

どっちも美味しいのですが、僕は圧倒的にチョコレート派でした。とろけるようなチョコレートが本当に美味しい。 f:id:hiro-maki:20161214235740j:plain

マンハッタンを発つ直前、買い忘れのお土産などを買うために、ホテル近くのスーパーに行きました。 FAIRWAYというニューヨークでは有名なスーパーマーケットです。

f:id:hiro-maki:20161214235736j:plain

なんとなくZABARSやホールフーズと比べると小規模で親しみやすいスーパーのように感じました。でもなんとなく高級感があるようにも思えました。

ACE HOTELからは2ブロックくらいしか離れておらず、一番近いスーパーマーケットの様です。

ACE HOTELの窓から眺めた景色ともお別れです。 f:id:hiro-maki:20161214235714j:plain

このオシャレな空間には刺激をもらいました。 f:id:hiro-maki:20161214235713j:plain

思っていたより狭かったけれど、振り返ってみるといいホテルでした。 f:id:hiro-maki:20161214235712j:plain

キーカードはこんな感じのオシャレ感が漂うカードでした。 f:id:hiro-maki:20161215001252j:plain

このロビーともお別れ。結局このソファには一回も座れず・・・ f:id:hiro-maki:20161214235715j:plain

ほとんど外からの利用客しかいないロビーというのもどうかと思いますが、それがニューヨーク流だから仕方ないか。

JFK空港から日本へ

JFK空港まではタクシーで向かうことにしました。 なんというか疲れた体に鞭を打って、電車で向かうのもしんどくて。まあ、単なる甘えだとは思いますが。

空港では、まずプレミアムエコノミークラスに空きがあるかを確認してもらいました。運良く、2席並びで空席があったので、1席あたりプラス3万円でアップグレードしました。

ちなみに当日にプレミアムエコノミーにアップグレードした場合は空港のラウンジは利用できませんので、その点は要注意です。

時間を持て余した私達はシェイクシャックのハンバーガーを食べようかと第4ターミナルまで移動しました。なお、ターミナル間の移動には空港内のモノレールが利用できます。

4travel.jp

シェイクシャックのある第4ターミナルに到着したものの、シェイクシャックは食べられませんでした。なぜならば、店舗のあるエリアには、このターミナルからの搭乗客しかは入れないようになっていたからです。

落胆しながら、もとの第1ターミナルに戻り、パンダエクスプレスっぽい中華のファストフードを食べることに。

f:id:hiro-maki:20161215002224j:plain

パンダエクスプレスよりも脂っこく、また量も少ないように感じました。 f:id:hiro-maki:20161215001312j:plain

少し残念な感じでした。

帰りの飛行機

滞在中の疲れがどっと押し寄せたのか、帰りの機内ではほとんどの時間を寝て過ごしました。

なお、プレミアムエコノミークラスは食事についてはエコノミークラスと同じですが、トイレも綺麗でしたし、もちろん座席にも余裕がありますし、アップグレードして良かったです。

当日アップグレードの場合、プラス3万円というのは結構魅力的な価格だと思います。

一応、お約束の機内食アップをしておきます。 f:id:hiro-maki:20161215001331j:plain f:id:hiro-maki:20161215001350j:plain f:id:hiro-maki:20161215001415j:plain f:id:hiro-maki:20161215001439j:plain f:id:hiro-maki:20161215001503j:plain

ちなみに最後のおかゆみたいなのは、僕は食べずに寝てしまっていました。写真は妻が食べたものです。

帰国翌日も時差ボケ

帰国後翌日から仕事をしていたのですが、またしても時差ボケに悩まされ眠気との戦いでした。本当に辛かった。。

もし日程に余裕があるのならば、帰国後翌日は1日ゆっくりすべきだと思います。

まとめ

そんなわけで4泊6日の初ニューヨークはこれにて終わりです。

色々と思い通りにいかないことが多い旅行でしたが、振り返ると楽しかったです。

帰国後にテレビでニューヨークが映ると、「あっ!ここ行ったところやん!」って感じになることが多く、それもまた楽しいです。

僕の拙い旅行記を読んでくださりありがとうございました。

今後も、色々と書いて行きますのでよろしくお願いします

2016年夏のニューヨーク旅行記事一覧

hirom.hatenablog.com hirom.hatenablog.com hirom.hatenablog.com hirom.hatenablog.com hirom.hatenablog.com hirom.hatenablog.com hirom.hatenablog.com hirom.hatenablog.com hirom.hatenablog.com