hiro-maki magazine

サンフランシスコやニューヨークや英語、Mavic Proに関する情報を配信しています。

【DJI MAVIC PRO】機体トラブル!!バッテリーの故障!?真ん中2つのランプが点きっぱなしで電源がOFFに出来ない!!

こんにちは。

DJI MAVIC PROを手に入れて、ドローンデビューしたとの記事を書きました。

hirom.hatenablog.com

「いい買い物をしたなー」と感動していた直後、MAVICに異変が起きてしまいました。

正確に言えば、MAVICではなく、MAVICのバッテリーの異変です。

自宅でファームウェアのアップデートなどのメンテナンスをしているときに気付きました。

発生事象

結論から言うと、バッテリーの故障です。

MAVICのバッテリーはインテリジェント・バッテリーというものでソフトウェアが組み込まれているらしく、それに異常が発生したのではとのことでした。

【事象1】DJI GOアプリで「非公式バッテリー」と表示される

iPhoneのDJI GOアプリでステータスのバッテリー異常が表示されていることに気付きました。

f:id:hiro-maki:20170809183249p:plain

詳細を見てみるとバッテリーの項目が「非公式バッテリー」と表示されていました。

f:id:hiro-maki:20170809183257p:plain

【事象2】バッテリーをOFFに出来ない

f:id:hiro-maki:20170809183233j:plain

常時、真ん中の2つのランプが点灯し続けており、ボタンを押しても全く反応しなくなりました。

なお、この状態のバッテリーをMAVIC本体に装着すると、何もせずに勝手に電源が入ります。さらに電源を切りたくても切れないのでバッテリーを無理やり本体から引き抜くしかありませんでした。

ちなみに新たに購入した予備バッテリーでは正常に動作しましたので、バッテリーの問題だと切り分けが出来ました。でも、色々と出来る限りのことはやってみましたが、問題の事象が解消することはありませんでした。

DJI アフターサポートセンターへの連絡

自分自身では対応しきれないため、DJIのサポートに連絡することにしました。ちなみに、DJIのサポートは電話は受け付けておらず、メール受付のみとなっています。面倒ですが、メールで連絡をしました。

なお、「サポートとのメールのやりとりの転載はご遠慮ください」とのことなので、要点のみを記載します。

サポートへの連絡

連絡した内容は次の通りです。

  • バッテリーが非純正と認識される
  • バッテリーの真ん中2つのランプが点灯し続けて、電源がOFFに出来ない

サポートからの返答(1回目)

返答の内容は次の通りでした。

対応として、次の方法を試して下さいとのこと。 - バッテリーの再充電 - ファームウェアのアップデート

頂いた手順にはバッテリーをOFFにするとの詳細手順があったため、対応できず。諦めて再連絡をすることにしました。

サポートへの再連絡(2回目)

バッテリーの再充電を試みたが電源がOFFにできないと連絡しました。

サポートからの返答(2回目)

預かりの上、修理・交換対応となるとの連絡でした。 その場合の所要期間は、約20営業日(!!)が必要とのことです。(遅えー・・・)

なお、保証期間内での対応となるはずですが、万が一破損や水没があった場合は有償となるとのことも書かれていました。

万が一、有償となった場合は修理の有無を問わず約2万円の初期点検作業費が掛かってしまうとのこと。(バッテリーを追加で買うより高いです・・・) その場合の所要期間は、見積もりの提示までに約20営業日、修理期間で約10営業日の合計30営業日(!!!)とのことです・・・(遅えー・・・2回目)

詳細は電話で連絡をくれとのことでしたので、記載のあった電話番号に電話をすることにしました。

サポートへの電話連絡

電話でお話した内容は次の通りです。

  • 集荷手配の依頼
  • バッテリー電源がONのままでは輸送出来ないので、集荷までにバッテリーをMAVIC本体に装着し放電して下さいとのこと

バッテリーの放電

電話サポートの指示通り、バッテリーをMAVIC本体に装着し放電したところ約2時間でMAVIC本体の電源は切れました。しかしバッテリーのランプは以前と同様で真ん中2つのランプが点きっぱなしのまま・・・

サポートへの再連絡(3回目)

バッテリーを放電したものの、真ん中2つのランプが点きっぱなしであることを連絡しました。

サポートからの返答(3回目)

何故か「バッテリーをファームウェアをアップデートしてください」との返答がありました。

サポートへの再連絡(4回目)

バッテリーが空の状態でもファームウェアのアップデートが出来るのかの質問し返します。

サポートからの返答(4回目)

バッテリーが空の状態ではファームウェアのアップデートが出来ないので、やはりバッテリーを送付してくださいとのこと。

集荷

8/15(火)にバッテリーを集荷してもらい、DJIへと送りました。

納期確認のメールを送付

8/28(月)に納期はいつ頃かと目処を確認するため、DJIにメールを送るとまだ検査中で、納期は未定との返答でした。

バッテリーの初期不良が確認できたので返却するとの連絡

8/30(水)にバッテリーの初期不良が確認できたとのメールがあり、9/2(土)以降に着く様に送りますとのことでした。ただ、僕は9/2(土)にMAVICを使いたかったので、無理を言って9/1(金)到着で送ってほしいとお願いするとOKしてもらえました。

DJI アフターサポートセンターを利用した感想

サポート担当者の方は、メール・電話ともにとても丁寧に対応してくれました。その点は特に不満はありません。

ただ、最初から電話で受け付けて欲しいですよね。

もし、同じ様にバッテリーの不備が起きた方のお役に立てればと思い、この記事を書いてみました。

以上です。